▲TOPへ戻る

瞑想 ヨガ International   Association  for  Religion    &     Parapsychology

電話: 0422-48-3535 
住所: 東京都三鷹市井の頭4-11-7 
お問合せはこちら

クラスのご紹介
竹島幸博講師の瞑想クラス

竹島講師プロフィール

プロフィール

CIHSでの竹島講師のワークショップ

2016年 CIHSワークショップ

2015年 CIHSワークショップ

2014年 CIHSワークショップ

2012年 CIHSワークショップ

1 2

竹島幸博

このクラスは、20年くらい続けて来られている方から、今年入会された方まで多様な顔ぶれです。
クラスの内容は、まず身体をほぐし、整えるために50分くらい体操を行います。
その後、充分に呼吸法を行い、バンドハなどもした後で、チャクラの覚醒法を行います。集中の対象とするチャクラは、毎月順次変えてゆき、全体にバランスがとれるようにしています。
精神集中が、ただクンダリーニ、チャクラの覚醒だけでなく、それがIARPの目的である、私達の心の成長、霊的成長に繋がるようにと願っています。
瞑想して、気持ちが良くなるだけでは、ストレス解消にはなっても心の成長にはなり難いと思います。精神集中が心と身体を一つにしっかりと結びつけ、私達人間が本来、その存在の奥にある魂の次元に目が覚めるようにしてゆきたいと思っています。
魂が長い間に蓄えた様々な捉われ、感情は、私達の固い殻になっています。その殻を少しずつこわして本来の魂に近づいてゆく事が、霊的に成長するという事になりますが、それは一朝一夕には参りません。
日々の継続的な努力が必要になります。瞑想行の中で、私達が体得した心の状態、体感を、ただ瞑想の中だけに終わらさないで、それを日常生活に生かし表現する事が、日常をより豊にして、又それが私達の成長に繋がってゆくものと思います。
本山名誉会長は瞑想行において、皆が力を合わせて一つになると、一足す一は二ではなく十にも二十にもなるといわれます。日常の中で一人で行を続けるのはやさしい事ではありません。ともすれば挫折しがちになる事もあるでしょう。ご神前で、古い方も新しい方も力を合わせて大きな力の中で坐り、お互いに刺激しあう事も大事だと思います。

クラス月間予定 クラス予約

クラス受講者の声

鍾乳石とローレックス

千葉県 H・T

 「鍾乳洞の中に入ってみると悠久の時間をかけてつくられた自然の芸術に驚かされますが、そこにある石筍(鍾乳石)は地下水が長い時間をかけてしたたり落ちながらゆっくりと形作られてきたもの。そして、『行』の進歩もこれと似たものですよ。」私たちに竹島先生が折りに触れて話して下さる言葉です。

 車の「カーナビ」は、目的地を入力するとまさに手とり足とりの親切さで目的地まで連れていってくれる便利なものですが、行の道にカーナビは無いのだと思い知ります。
行の目的と、先に歩いた方たちが残してくれた道標を手がかりにしつつ、固くてゆがみの多い自分を見つめ、自分なりの気づきを得ながら一歩一歩進んでいくものなのだと。

takeshima1

自由教室

どっしりとした安定感の上に立ちながら、自由な雰囲気の中でクラスは進行します。まず、前半50〜60分は体操です。身体を動かしながらも、いつしか生徒の世間話が始まり、それに突っ込み、ダジャレが交じって笑いに包まれます。

しかし、体操が座位―立位―臥位と進むにつれて次第に静かになっていき、終わるころには身体がほぐれてきて心地よくなったり、眠くなったり。

その後、約一時間坐ります(月一回は一時間半)。大きな包容力の中で、サッカーでいえばアウェーでなくホーム(本拠地)で試合をしているような、そんな安心感での坐りです。

坐ったあとは、体操のときとはまた一味違った雰囲気の中で各自がそれぞれ感想を話し、それに対して竹島先生が一人一人コメント、アドバイスをしてくれます。
さらに先生の体験に基づくさまざまな話があったり、また、本山先生の朝行のときなどのお話の紹介があるときもあります。

時には、私たちが坐りの出来、不出来にのみこだわりすぎていると、「瞑想の達人になっても、それだけでは仕様がないですよ。」と言われ、もう一度自らの成長という大きな目的に立ち返るよう促されることも。

大先輩たち
クラスへの出席率の高い、いわゆるいつものメンバーが今は5〜6人程います。その中には、IARPで行をされて20年以上の先輩、お宮の信者歴30年以上という先輩もいます。

しかし、私が5年前に入ったときもそうですが、初めての人、久しぶりの人にも実に気さくに声をかけてくれます。いらっしゃい、いらっしゃいの気があふれています。世間話をしていても、聞いたことのない名前が飛び交うこともありますが、それは古い会員さん、信者さんだったりして、 IARPあるいは玉光神社の雰囲気に触れたり、昔のことがわかったり、結構役に立つものです。

takeshima2

ベンツとローレックス
高級車ベンツも、ローレックスの腕時計も幸か不幸か私は持っていないのですが、しかし、持っていたとしても、死んだ後に行くあちらの世界にそれらを携えていくことはできません。あちらに持っていけるものは――行を通して自分の固さ、ゆがみがほぐれてもう少しましな人間になったら、本物の生き方にもう少し近づくことができたら、 それこそあちらに持っていけるものであり、いつまでも続く宝となるものでしょう。

人生の半ばを大きく越えてから行を始めた私ですが、ようやくやりたいことに巡り合えた幸運に感謝です。
そして、生徒から言うのは失礼ですが、IARP講師の先生方は単なる知識の受け売りとは違って、ご自身で実際に行の道を歩まれた先達。だから安心してついていくことができる。また、瞑想センターでのクラス、玉光神社の朝行、根府川道場とそれぞれに素晴らしい場にも恵まれて行を続けることができる幸運にも深く感謝です。

 いつか、自分で自分をほめてあげられる、そんな自分に会えることを楽しみに、日々一歩一歩、石筍をつくっていくつもりです。

東京都 H・A

私は、土曜日夕刻からの瞑想クラスで、月2回竹島先生にご指導いただいております。竹島先生からは、本山先生の指導方法にしたがった経絡体操、瞑想をお教えいただくだけではなく、本山先生がその時々にされるご指示、ご注意もお伝えいただきます。最近では仙骨矯正体操に少し変化がありました。 また、竹島先生が参加者に折りにふれてされるコメントからは、自分自身でも気付くことのできない、各人の状態も見守っていただいていることを感じさせられます。

仕事があると、平生瞑想に避ける時間は限られてくるのではないでしょうか。私は、瞑想クラスに出席して、経絡体操によって日ごろの運動不足をも補い、先生のもとで参加された方々と一緒に坐る事で、より長い深い集中が出来るように感じています。是非多くの方が参加されますよう、お誘い申し上げます。

竹島講師の瞑想クラス

毎週木曜日:14:00 〜 16:00
第2・4土曜日:15:00 〜 17:00

クラス月間予定 クラス予約